新製品「PALMiCE4」を販売開始いたしました
JTAGエミュレータ PALMiCE3 PALMiCE3の使いやすさを追求した設計思想は、
多くのエンジニアに支持されています。

PALMiCE3 ARM64は、64ビットのARMv8アーキテクチャに対応したJTAGエミュレータです。

さらなる進化を遂げたPALMiCE3

PALMiCEシリーズのコンセプトを継承して、高速化による快適なオペレーションと電源レスやコンパクト化による使いやすさを実現。 さらに、64ビットのARMv8アーキテクチャやマルチコア、ARM CoreSight™テクノロジーによって提供されるSWD(Serial Wire Debug)に対応しました。

マルチコア対応

最近、製品には省電力化と高速化を実現するために複数のコアで処理を並列実行できるマルチコアCPUが実装され、その対応が求められています。PALMiCE3では内部リソースをパワーアップし複数コア対応が可能な構造としました。

SWD対応

2本の信号による"SWD"インターフェースに対応。従来の5本の信号によるJTAGインターフェースに比べ、CPUの占有端子が削減され、コネクタの小型化により省スペース化が可能です。

デバッグ環境の追加が低コストで可能

標準セットのデバッガソフト「CSIDE」とは別に同本体で使用可能なCSIDEを追加購入することで、新たなCPUのデバッグ環境が低コストで導入できます。

各種インターフェースに柔軟対応

従来のJTAG対応2.54mm(0.1")20ピンおよび14ピンコネクタから、SWD対応の1.27mm(0.05")10ピンおよび20ピンコネクタまで、両インターフェースに対応します。

さらなるコンパクト設計

パフォーマンスの向上を行っても従来機種よりさらなる小型・軽量化を実現しました。

Vbus対応電源レスを継承

PALMiCEシリーズのVbus対応電源レスのコンセプトを継承して、電源レスを実現しました。

特長

統合開発環境CSIDE Version7を標準搭載

プロジェクトの規模に関わらず、エンジニアのために本当に使いやすい統合開発環境を標準装備しています。

  • バグ検出機能
  • C言語と完全互換「Cマクロ」
  • 簡単ソースブラウジング
  • クィックインスペクトで簡単変数表示
  • ラインアセンブルで命令レベルのデバッグ
  • メモリ、レジスタ、コプロセッサの表示と変更
  • ビットごとのI/Oの表示と変更
  • スタック表示と関数スタックトレース
  • フォントやウィンドウの配色が自由に設定可能
  • 複数のオブジェクトファイルもワンクリックでダウンロード
  • マウスジェスチャで操作可能
統合開発環境CSIDE Version7を標準搭載

リアルタイムOS対応(オプション)

オプションのRTOSデバッグ・ライブラリをデバッガソフトに追加することで、 リアルタイムOSのステータス表示機能やタスクトレース機能が追加されます。(リアルタイムOSによって仕様が異なります。)

リアルタイムOS対応(オプション)

組込みLinux対応(オプション)

標準のCSIDEでは対応していないデバイスドライバのデバッグが行えます。
デバイスドライバは実行時にロードアドレスが決まる為、そのロードアドレスを自動認識することでシームレスなデバッグをサポートします。

64ビット・アーキテクチャ対応

64ビット・アーキテクチャのCortexシリーズに対応しました。メモリやコードなど各種ウィンドウでは、アドレスの64ビット表示が可能になっています。またMMUの変換情報を表示するための専用ウィンドウを用意しています。

64ビット・アーキテクチャ対応

マルチコア・デバッグ

64ビット・アーキテクチャと32ビット・アーキテクチャの混在するマルチコア・デバッグが可能です。CSIDEは複数起動することができ、各コア独立したデバッグが可能です。また、ひとつのCSIDEで複数のコアのデバッグをすることもできます。またコアの同期実行、同期ブレークをサポートすることで、各コアの実行、ブレーク制御によるタイムラグを抑えリアルタイム性を損なわずにデバッグすることが可能です。

マルチコア・デバッグ

現象が起きた時点でデバッグが可能な ホットプラグイン機能*1

ターゲット・システムにおいて問題が発生した場合、ホットプラグイン未対応のデバッガでは一旦電源を切ってからデバッガを接続する必要がありました。 ホットプラグイン対応のPALMiCE3 ARMならターゲット・システムの電源を切らずにそのまま接続し、デバッグすることができます。

CPUブレーク・サポート*1

CPU内蔵のブレーク・ロジックにより、プログラムの実行前ブレークやデータをリード/ライトした時のアクセス・ブレークが可能です。

低電圧対応と電圧計測機能*2

1.0V~5.5Vのターゲット電圧に自動追従して動作します。 また、ターゲット(VTref信号)の電圧値を表示することができます。

ARMの開発をはじめよう!!

主な仕様

対応CPU

Cortex-A コア (Cortex-A53/A57/A72)

CPU個別の対応については、「サポートCPU検索」より検索していただくか、当社営業までお問い合わせください

動作環境

対応ホスト : 対応OSが動作するパソコン
ホストI/F : USB 2.0
対応OS : 日本語 Windows 10/8/7 (64bit /32bit)
  • *1:CPUによって仕様が異なります。
  • *2:ハードウェア・レビジョンが0-A以降の場合です。ハードウェア・レビジョン0-0の場合は、1.0V~3.6Vに対応しています。

詳細については当社営業部までお問い合わせください。