新製品「PALMiCE4」を販売開始いたしました
JTAGエミュレータ PALMiCE3 PALMiCE3の使いやすさを追求した設計思想は、
多くのエンジニアに支持されています。

PALMiCE3 CM3は、ARM製のARM Cortex-Mコア専用のJTAGエミュレータです。

さらなる進化を遂げたPALMiCE3

PALMiCEシリーズのコンセプトを継承して、高速化による快適なオペレーションと電源レスやコンパクト化による使いやすさを実現。 さらに、マルチコアやARM CoreSight™テクノロジーによって提供されるSWD(Serial Wire Debug)、SWV(Serial Wire Viewer)に対応しました。

SWD対応

2本の信号による"SWD"インターフェースに対応。従来の5本の信号によるJTAGインターフェースに比べ、CPUの占有端子が削減され、コネクタの小型化により省スペース化が可能です。

SWV対応

CPUからの1本の信号によるデバッグ情報インターフェース"SWV"に対応。実行中にブレークすることなく変数の値やイベント情報の参照が可能なほか、リアルタイムトレース情報の取得によりデバッグ効率がアップします。

内蔵/外部フラッシュメモリ対応

ダウンロードに加え、ソフトウェア・ブレーク指定や、通常のメモリ書換え機能をサポートしています。

各種インターフェースに柔軟対応

従来のJTAG対応2.54mm(0.1")20ピンおよび14ピンコネクタから、SWD対応の1.27mm(0.05")10ピンおよび20ピンコネクタまで、両インターフェースに対応します。

さらなるコンパクト設計

パフォーマンスの向上を行っても従来機種よりさらなる小型・軽量化を実現しました。

Vbus対応電源レスを継承

PALMiCEシリーズのVbus対応電源レスのコンセプトを継承して、電源レスを実現しました。

特長

SWV機能でJTAGだけではできなかった多機能を実現*1

  • プロファイラ機能

    一定時間ごとに実行アドレスのサンプリングを行い、その取り込み回数によってモジュールの実行頻度を解析します。 使用頻度の多い関数や、占有時間の多い関数を調査するのに便利な機能です。

  • Printfデバッグ機能

    ターゲットのユーザ・プログラムに専用の関数を埋め込むことで、CライブラリのPrintf類似の機能を実現します。 出力先は、CSIDE上のターミナル・ウィンドウになります。これにより、任意の変数の履歴などをファイルに保存することができます。

  • アクセスデータ間の時間測定

    指定データ・アクセス間の時間測定を行ないます。

  • ステータスバー

    ステータスバーには、ターゲットの電圧表示を常にサンプリング。それに加え、実行中のCPUのプログラムカウンタ値を表示。 これにより、CPUの大まかな実行状態を把握することができます。

アプリケーションのパフォーマンスを改善する プログラム・モニタ機能*1

ユーザ・アプリケーションの実行中にプログラムの実行状態をモニタすることでプログラムのCPU使用率と実行比率を求め、その計測結果からシステムのパフォーマンスを改善することができます。

  • CPU使用率の履歴機能

    グラフで表示されたユーザ・アプリケーションのCPU使用率を参照してプログラムの実行余力を確認することができます。 マルチコアの場合は、コア毎のCPU使用率がグラフで表示されます。

  • PCウォッチャー機能

    ユーザ・アプリケーションの実行比率をグラフで表示します。 実行比率の測定単位は関数やOSのタスク、プロセス等で行えますので、目的に応じたパフォーマンス測定ができます。 マルチコアの場合は、コア毎の実行比率がグラフで表示されます。

現象が起きた時点でデバッグが可能な ホットプラグイン機能*1

ターゲット・システムにおいて問題が発生した場合、ホットプラグイン未対応のデバッガでは一旦電源を切ってからデバッガを接続する必要がありました。 ホットプラグイン対応のPALMiCE3 ARMならターゲット・システムの電源を切らずにそのまま接続し、デバッグすることができます。

データ・ウォッチャー機能*1

SWV機能、ITM機能、指定アドレスのデータサンプリングにより取得したメモリのアクセスデータをグラフで表現することができ、データの変化が捉えやすくなり、イレギュラーなデータの発見などに威力を発揮します。

アンドゥ・トレース機能

トレース実行(シングルステップ実行)で行き過ぎてしまった場合に、変化したレジスタやメモリの値を擬似的に戻すことで実行結果を元に戻します。 分岐前の状態確認や値を変更しての再実行など、ちょっとした再確認が簡単に行えます。

低電圧対応と電圧計測機能*2

1.0V~5.5Vのターゲット電圧に自動追従して動作します。 また、ターゲット(VTref信号)の電圧値を表示することができます。

統合開発環境CSIDE Version7を標準搭載

プロジェクトの規模に関わらず、エンジニアのために本当に使いやすい統合開発環境を標準装備しています。

  • バグ検出機能
  • C言語と完全互換「Cマクロ」
  • 簡単ソースブラウジング
  • クィックインスペクトで簡単変数表示
  • ラインアセンブルで命令レベルのデバッグ
  • メモリ、レジスタ、コプロセッサの表示と変更
  • ビットごとのI/Oの表示と変更
  • スタック表示と関数スタックトレース
  • フォントやウィンドウの配色が自由に設定可能
  • 複数のオブジェクトファイルもワンクリックでダウンロード
  • マウスジェスチャで操作可能
統合開発環境CSIDE Version7を標準搭載

リアルタイムOS対応(オプション)

オプションのRTOSデバッグ・ライブラリをデバッガソフトに追加することで、 リアルタイムOSのステータス表示機能やタスクトレース機能が追加されます。(リアルタイムOSによって仕様が異なります。)

リアルタイムOS対応(オプション)

主な仕様

対応CPU

各メーカのCortex-M0/M0+/M3/M4をサポート

  • Cypress Semiconductor
  • Infineon Technologies
  • LAPIS Semiconductor
  • Microchip Technology
  • Nordic Semiconductor
  • NXP Semiconductors
  • Renesas Electronics
  • Silicon Laboratories
  • STMicroelectronics
  • Texas Instruments
  • TOSHIBA

CPU個別の対応については、「サポートCPU検索」より検索していただくか、当社営業までお問い合わせください

動作環境

対応ホスト : 対応OSが動作するパソコン
ホストI/F : USB 2.0
対応OS : 日本語 Windows 10/8/7 (64bit /32bit)
  • *1:CPUによって仕様が異なります。
  • *2:ハードウェア・レビジョンが0-A以降の場合です。ハードウェア・レビジョン0-0の場合は、1.0V~3.6Vに対応しています。

詳細については当社営業部までお問い合わせください。