サポート・ニュース

サポートに関するニュースを掲載しています。

2020.12.28CSIDE for PALMiCE4 ARM Ver.7.08.00 にバージョンアップ!

仕様追加/変更

  • Cortex-M33コアのデバッグに対応しました。
  • トレース・データの内容をファイルへ保存できるように対応しました(Model-T専用)。
  • ファイル・サーバの[追加]ボタンより、システム・マクロを新たに登録できるように対応しました。
  • CSIDEを初めて起動した時に、簡単接続ウィザードが表示されるようになりました。
  • 各ウィンドウで設定されているマークの一覧表示をするダイアログ・ボックスを追加しました。
  • マウス・ホイールで表示内容をスクロールする時、Windowsのスクロール量を使用する設定を追加しました。

<Linuxアプリケーション・デバッグライブラリ>

  • Linux 5.4に対応しました。

CPU追加

  • Silicon Laboratories製の下記CPUに対応しました。
    EFR32BG22C222F352GM32-C,EFR32BG22C222F352GM40-C,EFR32BG22C222F352GN32-C
    EFR32BG22C224F512GM32-C,EFR32BG22C224F512GM40-C,EFR32BG22C224F512GN32-C
    EFR32BG22C224F512IM32-C,EFR32BG22C224F512IM40-C,EFR32FG22C121F512GM32-C
    EFR32FG22C121F512GM40-C,EFR32MG22C224F512GN32-C,EFR32MG22C224F512IM32-C
    EFR32MG22C224F512IM40-C,EFR32BG21A010F1024IM32-B,EFR32BG21A010F512IM32-B
    EFR32BG21A010F768IM32-B,EFR32BG21A020F1024IM32-B,EFR32BG21A020F512IM32-B
    EFR32BG21A020F768IM32-B,EFR32MG21A010F1024IM32-B,EFR32MG21A010F512IM32-B
    EFR32MG21A010F768IM32-B,EFR32MG21A020F1024IM32-B,EFR32MG21A020F512IM32-B
    EFR32MG21A020F768IM32-B

2020.12.28CSIDE for PALMiCE4 ARM64 Ver.7.06.00 にバージョンアップ!

仕様追加/変更

  • トレース・データの内容をファイルへ保存できるように対応しました(Model-T専用)。
  • ファイル・サーバの[追加]ボタンより、システム・マクロを新たに登録できるように対応しました。
  • CSIDEを初めて起動した時に、簡単接続ウィザードが表示されるようになりました。
  • 各ウィンドウで設定されているマークの一覧表示をするダイアログ・ボックスを追加しました。
  • マウス・ホイールで表示内容をスクロールする時、Windowsのスクロール量を使用する設定を追加しました。
  • NXP Semiconductors製のi.MX 8M Miniのサンプル・ファイルを格納しました。

CPU追加

  • NXP Semiconductors製の下記CPUデバッグに対応しました。
    i.MX 8M Mini Quad, i.MX 8M Mini QuadLite,
    i.MX 8M Mini Dual, i.MX 8M Mini DualLite,
    i.MX 8M Mini Solo, i.MX 8M Mini SoloLite

2020.12.28CSIDE for PALMiCE3 ARM Ver.7.09.00 にバージョンアップ!

仕様追加/変更

  • Cortex-M33コアのデバッグに対応しました。
  • 各ウィンドウで設定されているマークの一覧表示をするダイアログ・ボックスを追加しました。
  • マウス・ホイールで表示内容をスクロールする時、Windowsのスクロール量を使用する設定を追加しました。

<Linuxアプリケーション・デバッグライブラリ>

  • Linux 5.4に対応しました。

CPU追加

  • Silicon Laboratories製の下記CPUに対応しました。
    EFR32BG22C222F352GM32-C,EFR32BG22C222F352GM40-C,EFR32BG22C222F352GN32-C
    EFR32BG22C224F512GM32-C,EFR32BG22C224F512GM40-C,EFR32BG22C224F512GN32-C
    EFR32BG22C224F512IM32-C,EFR32BG22C224F512IM40-C,EFR32FG22C121F512GM32-C
    EFR32FG22C121F512GM40-C,EFR32MG22C224F512GN32-C,EFR32MG22C224F512IM32-C
    EFR32MG22C224F512IM40-C,EFR32BG21A010F1024IM32-B,EFR32BG21A010F512IM32-B
    EFR32BG21A010F768IM32-B,EFR32BG21A020F1024IM32-B,EFR32BG21A020F512IM32-B
    EFR32BG21A020F768IM32-B,EFR32MG21A010F1024IM32-B,EFR32MG21A010F512IM32-B
    EFR32MG21A010F768IM32-B,EFR32MG21A020F1024IM32-B,EFR32MG21A020F512IM32-B
    EFR32MG21A020F768IM32-B

2020.12.28CSIDE for PALMiCE3 ARM64 Ver.7.06.00 にバージョンアップ!

仕様追加/変更

  • 各ウィンドウで設定されているマークの一覧表示をするダイアログ・ボックスを追加しました。
  • マウス・ホイールで表示内容をスクロールする時、Windowsのスクロール量を使用する設定を追加しました。
  • NXP Semiconductors製のi.MX 8M Miniのサンプル・ファイルを格納しました。
  • CPUのMMUが有効な場合のCSIDEのメモリ表示仕様を変更しました。

CPU追加

  • NXP Semiconductors製の下記CPUデバッグに対応しました。
    i.MX 8M Mini QuadLite
    i.MX 8M Mini DualLite
    i.MX 8M Mini SoloLite

2020.12.04CSIDE for PALMiCE4 ARM64 Ver.7.05.00 にバージョンアップ!

仕様追加/変更

  • NXP Semiconductors製のi.MX 8M Nanoについて以下のサンプルをCSIDEに格納しました。
    • DDR初期化用マクロ
    • ユーザ・カスタマイズ・モニタ(シリアル・フラッシュメモリ書き込み)

2020.12.04CSIDE for PALMiCE3 ARM64 Ver.7.05.00 にバージョンアップ!

仕様追加/変更

  • NXP Semiconductors製のi.MX 8M Nanoについて以下のサンプルをCSIDEに格納しました。
    • DDR初期化用マクロ
    • ユーザ・カスタマイズ・モニタ(シリアル・フラッシュメモリ書き込み)

2020.11.16C-Flash for SPI Ver.1.14.00 にバージョンアップ!

サポート・デバイス追加

  • Micron Technology製の下記デバイスに対応しました。
    MT25QL02GCBB8E12-0SIT,MT25QL02GCBB8E12-0AAT,MT25QL02GCBB8E12-0AUT
  • Winbond Electronics製の下記デバイスに対応しました。
    W25Q512JVEIQ,W25Q512JVFIQ,W25Q512JVBIQ

2020.11.16C-Flash for FP Ver.1.80.00 にバージョンアップ!

仕様追加/変更

  • STM32F7シリーズで、コマンド・プロンプト版FPCmdの機能拡張(消去、SUM、書き込みなど)を使用可能にしました。
  • FP-10(model PS)のJTAG(SWD)のクロックの選択に2MHzを追加しました。

CPU追加

  • Cypress Semiconductor製の下記CPUに対応しました。
    CYT2B63BAS,CYT2B63BAE,CYT2B63CAS,CYT2B63CAE,CYT2B64BAS,CYT2B64BAE
    CYT2B64CAS,CYT2B64CAE,CYT2B65BAS,CYT2B65BAE,CYT2B65CAS,CYT2B65CAE
    CYT2B73BAS,CYT2B73BAE,CYT2B73CAS,CYT2B73CAE,CYT2B74BAS,CYT2B74BAE
    CYT2B74CAS,CYT2B74CAE,CYT2B75BAS,CYT2B75BAE,CYT2B75CAS,CYT2B75CAE
    CYT2B77BAS,CYT2B77BAE,CYT2B77CAS,CYT2B77CAE,CYT2B78BAS,CYT2B78BAE
    CYT2B78CAS,CYT2B78CAE,CYT2B93BAS,CYT2B93BAE,CYT2B93CAS,CYT2B93CAE
    CYT2B94BAS,CYT2B94BAE,CYT2B94CAS,CYT2B94CAE,CYT2B95BAS,CYT2B95BAE
    CYT2B95CAS,CYT2B95CAE,CYT2B97BAS,CYT2B97BAE,CYT2B97CAS,CYT2B97CAE
    CYT2B98BAS,CYT2B98BAE,CYT2B98CAS,CYT2B98CAE
  • Silicon Laboratories製の下記CPUに対応しました。
    EFR32BG22C222F352GM32-C,EFR32BG22C222F352GM40-C,EFR32BG22C222F352GN32-C
    EFR32BG22C224F512GM32-C,EFR32BG22C224F512GM40-C,EFR32BG22C224F512GN32-C
    EFR32BG22C224F512IM32-C,EFR32BG22C224F512IM40-C,EFR32FG22C121F512GM32-C
    EFR32FG22C121F512GM40-C,EFR32MG22C224F512GN32-C,EFR32MG22C224F512IM32-C
    EFR32MG22C224F512IM40-C

2020.10.09CSIDE for PALMiCE4 ARM Ver.7.06.00 にバージョンアップ!

仕様追加/変更

  • 関数スタック・ウィンドウの遷移グラフに表示する関数を抑止することが出来る機能を追加しました。

CPU追加

  • STMicroelectronics製の下記CPUに対応しました。
    STM32H7B0AB,STM32H7B0IB,STM32H7B0RB,STM32H7B0ZB,STM32H7B0VB,STM32H7B3RI
    STM32H7B3VI,STM32H7B3QI,STM32H7B3ZI,STM32H7B3AI,STM32H7B3II,STM32H7B3NI
    STM32H7B3LI,STM32H7A3RI,STM32H7A3VI,STM32H7A3QI,STM32H7A3ZI,STM32H7A3AI
    STM32H7A3II,STM32H7A3NI,STM32H7A3LI,STM32H7A3RG,STM32H7A3VG,STM32H7A3ZG
    STM32H7A3AG,STM32H7A3IG,STM32H7A3NG,STM32H7A3LG

2020.10.09CSIDE for PALMiCE4 ARM64 Ver.7.04.00 にバージョンアップ!

仕様追加/変更

  • 関数スタック・ウィンドウの遷移グラフに表示する関数を抑止することが出来る機能を追加しました。
  • ユーザ・プログラム実行中にETBトレース・データを解析できるようになりました。

<Linuxアプリケーション・デバッグライブラリ>

  • Linux 5.4に対応しました。

CPU追加

  • NXP Semiconductors製の下記CPUデバッグに対応しました。
    i.MX 8M Nano

2020.10.09CSIDE for PALMiCE3 ARM Ver.7.07.00 にバージョンアップ!

CPU追加

  • STMicroelectronics製の下記CPUに対応しました。
    STM32H7B0AB,STM32H7B0IB,STM32H7B0RB,STM32H7B0ZB,STM32H7B0VB,STM32H7B3RI
    STM32H7B3VI,STM32H7B3QI,STM32H7B3ZI,STM32H7B3AI,STM32H7B3II,STM32H7B3NI
    STM32H7B3LI,STM32H7A3RI,STM32H7A3VI,STM32H7A3QI,STM32H7A3ZI,STM32H7A3AI
    STM32H7A3II,STM32H7A3NI,STM32H7A3LI,STM32H7A3RG,STM32H7A3VG,STM32H7A3ZG
    STM32H7A3AG,STM32H7A3IG,STM32H7A3NG,STM32H7A3LG

2020.10.09CSIDE for PALMiCE3 ARM64 Ver.7.04.00 にバージョンアップ!

CPU追加

  • NXP Semiconductors製の下記CPUデバッグに対応しました。
    i.MX 8M Nano

2020.10.09CSIDE for PALMiCE3 SH Ver.7.01.00 にバージョンアップ!

仕様追加/変更

  • ワークスペース・ウィンドウの設定(コンパイラ・オプションの設定)より[リンカ][出力ファイル][出力ファイルの分割]の設定を追加しました。

2020.08.31C-Flash for FP Ver.1.79.00 にバージョンアップ!

CPU追加

  • STMicroelectronics製の下記CPUに対応しました。
    STM32H7B0AB,STM32H7B0IB,STM32H7B0RB,STM32H7B0ZB,STM32H7B0VB,STM32H7B3RI
    STM32H7B3VI,STM32H7B3QI,STM32H7B3ZI,STM32H7B3AI,STM32H7B3II,STM32H7B3NI
    STM32H7B3LI,STM32H7A3RI,STM32H7A3VI,STM32H7A3QI,STM32H7A3ZI,STM32H7A3AI
    STM32H7A3II,STM32H7A3NI,STM32H7A3LI,STM32H7A3RG,STM32H7A3VG,STM32H7A3ZG
    STM32H7A3AG,STM32H7A3IG,STM32H7A3NG,STM32H7A3LG

2020.08.19C-Flash for SPI Ver.1.13.00 にバージョンアップ!

サポート・デバイス追加

  • Macronix製の下記デバイスに対応しました。
    MX25L25645GM2I-10G,MX25L25645GMI-10G,MX25L25645GZ2I-10G,MX25L25645GZNI-10G
    MX25L25645GXDI-10G,MX25L25645GMI-08G,MX25L25645GM2I-08G,MX25L25645GZ2I-08G
    MX25L25645GZNI-08G,MX25L25645GXCI-08G,MX25L25645GXDI-08G,MX66L1G45GMI-10G
    MX66L1G45GXDI-10G,MX66L1G45GMI-08G,MX66L1G45GXDI-08G

2020.08.07CSIDE for PALMiCE4 ARM Ver.7.05.00 にバージョンアップ!
MTBトレース対応、EWプロジェクト・ファイルのインポート対応

仕様追加/変更

  • Cortex-M0+シリーズのMTB(Micro Trace Buffer)トレースに対応しました。
  • EWプロジェクト・ファイルのインポートができるようになりました。
  • ユーザ・プログラム実行中にETBトレース・データを解析できるようになりました。
  • Cortex-M0/M0+/M3/M4で、0x20000000番地を越える領域のトレース実行に対応しました。

<Linuxアプリケーション・デバッグライブラリ>

  • libpthread-2.28.soを採用しているLinuxにおいてスレッド・デバッグの対応を行いました。

CPU追加

  • STMicroelectronics製の下記CPUに対応しました。
    STM32F334C4,STM32F334C6,STM32F334C8,STM32F334K4,STM32F334K6,STM32F334K8
    STM32F334R6,STM32F334R8,STM32L443CC,STM32L443RC,STM32L443VC,STM32L433CC
    STM32L433RC,STM32L433VC,STM32L433CB,STM32L433RB,STM32L462CE,STM32L462RE
    STM32L462VE,STM32L452CC,STM32L452RC,STM32L452VC,STM32L452CE,STM32L452RE
    STM32L452VE,STM32L442KC,STM32L432KB,STM32L432KC,STM32L422CB,STM32L422KB
    STM32L422RB,STM32L422TB,STM32L412CB,STM32L412KB,STM32L412RB,STM32L412TB
    STM32L412C8,STM32L412K8,STM32L412R8,STM32L412T8,STM32L451CC,STM32L451RC
    STM32L451VC,STM32L451CE,STM32L451RE,STM32L451VE,STM32L431CC,STM32L431KC
    STM32L431RC,STM32L431VC,STM32L431CB,STM32L431KB,STM32L431RB,STM32F777VI
    STM32F777ZI,STM32F777II,STM32F777BI,STM32F777NI,STM32G070KB,STM32G081GB
    STM32G081KB,STM32G081CB,STM32G081RB,STM32G081EB,STM32G070CB,STM32G071GB
    STM32G071KB,STM32G071CB,STM32G071RB,STM32G071EB,STM32G070RB,STM32G071G8
    STM32G071K8,STM32G071R8

2020.08.06CodeRecorder CR-200のページに動作確認済みボードを追加!

  • Texas Instruments製のAM574X Industrial Development Kit を追加しました。
  • NXP Semiconductors製のi.MX RT1064 Evaluation Kit を追加しました。

2020.07.31CSIDE for PALMiCE3 ARM Ver.7.06.00 にバージョンアップ!

仕様追加/変更

<Linuxアプリケーション・デバッグライブラリ>

  • libpthread-2.28.soを採用しているLinuxにおいてスレッド・デバッグの対応を行いました。

CPU追加

  • STMicroelectronics製の下記CPUに対応しました。
    STM32F334C4,STM32F334C6,STM32F334C8,STM32F334K4,STM32F334K6,STM32F334K8
    STM32F334R6,STM32F334R8,STM32L443CC,STM32L443RC,STM32L443VC,STM32L433CC
    STM32L433RC,STM32L433VC,STM32L433CB,STM32L433RB,STM32L462CE,STM32L462RE
    STM32L462VE,STM32L452CC,STM32L452RC,STM32L452VC,STM32L452CE,STM32L452RE
    STM32L452VE,STM32L442KC,STM32L432KB,STM32L432KC,STM32L422CB,STM32L422KB
    STM32L422RB,STM32L422TB,STM32L412CB,STM32L412KB,STM32L412RB,STM32L412TB
    STM32L412C8,STM32L412K8,STM32L412R8,STM32L412T8,STM32L451CC,STM32L451RC
    STM32L451VC,STM32L451CE,STM32L451RE,STM32L451VE,STM32L431CC,STM32L431KC
    STM32L431RC,STM32L431VC,STM32L431CB,STM32L431KB,STM32L431RB,STM32F777VI
    STM32F777ZI,STM32F777II,STM32F777BI,STM32F777NI

2020.07.03CSIDE for PALMiCE4 ARM Ver.7.04.00 にバージョンアップ!
FreeRTOS対応

仕様追加/変更

  • Texas Instruments製の下記CPUの外部出力トレースに対応しました。
    AM5716/AM5718/AM5726/AM5728
  • NXP Semiconductors製の下記CPUの内蔵トレースに対応しました。
    i.MX6Solo,i.MX6SoloLite,i.MX6UltraLite
  • 関数スタック・ウィンドウで、複数ブロックマージする機能を追加しました。
  • ユーザ・プログラム実行中にETMトレース・データを解析できるようになりました。
  • 関数スタックのタイムラインの[プロパティ]に“関数スタック情報を解析する”設定を追加しました。
  • 関数スタックの1ブロックのサイズを設定できるようになりました。

<RTOSデバッグ・ライブラリ 「FreeRTOS-DBGLIB-ARM/P4」>

  • FreeRTOSに対応しました。

CPU追加

  • Texas Instruments製の下記CPUに対応しました。
    AM5746,AM5748,AM5749
  • NXP Semiconductors製の下記CPUに対応しました。
    MIMXRT1011CAE4A,MIMXRT1015CAF4A
    MIMXRT1021DAF5A,MIMXRT1021DAG5A
    MIMXRT1051DVL6A,MIMXRT1051DVL6B,MIMXRT1051DVJ6B
    MIMXRT1052DVL6A,MIMXRT1052DVL6B,MIMXRT1052DVJ6B
    MIMXRT1061DVL6A,MIMXRT1061DVJ6A
    MIMXRT1062DVL6A,MIMXRT1062DVJ6A
    MIMXRT1064DVL6A,MIMXRT1064DVJ6A
  • Nordic Semiconductor製の下記CPUに対応しました。
    nRF52810-QFAA
    nRF52810-QCAA
    nRF52810-CAAA
    nRF52805-CAAA
    nRF52840-QIAA

2020.07.03CSIDE for PALMiCE4 ARM64 Ver.7.03.00 にバージョンアップ!

仕様追加/変更

  • Cortex-A72コアのデバッグに対応しました。
  • MMUウィンドウにて、48Bit4KPage方式の表示に対応しました。
  • 関数スタック・ウィンドウで、複数ブロックマージする機能を追加しました。
  • ユーザ・プログラム実行中にETMトレース・データを解析できるようになりました。
  • 関数スタックのタイムラインの[プロパティ]に“関数スタック情報を解析する”設定を追加しました。
  • 関数スタックの1ブロックのサイズを設定できるようになりました。
  • Cortexシリーズコアのとき、[初期値の設定]ダイアログの[ETM初期設定]タブでETM機能を有効にする設定がチェック無効の場合に、ETM関連レジスタにアクセスしないように仕様を変更しました。

CPU追加

  • NXP Semiconductors製下記CPUのデバッグに対応しました。
    LS1046A

2020.07.03CSIDE for PALMiCE3 ARM Ver.7.05.00 にバージョンアップ!

仕様追加/変更

<CPUライブラリ 「TICA8-CPULIB-ARM/P3」>

  • Texas Instruments製の下記CPUデバッグに対応しました。
    AM5746,AM5748,AM5749

<ETBライブラリ「ETBLIB-ARM/P3」>

  • 下記CPUのETB/ETFトレースに対応しました。
    NXP Semiconductors製
    i.MX6Solo,i.MX6SoloLite,i.MX6UltraLite

CPU追加

  • NXP Semiconductors製の下記CPUに対応しました。
    MIMXRT1011CAE4A,MIMXRT1015CAF4A
    MIMXRT1021DAF5A,MIMXRT1021DAG5A
    MIMXRT1051DVL6A,MIMXRT1051DVL6B,MIMXRT1051DVJ6B
    MIMXRT1052DVL6A,MIMXRT1052DVL6B,MIMXRT1052DVJ6B
    MIMXRT1061DVL6A,MIMXRT1061DVJ6A
    MIMXRT1062DVL6A,MIMXRT1062DVJ6A
    MIMXRT1064DVL6A,MIMXRT1064DVJ6A
  • Nordic Semiconductor製の下記CPUに対応しました。
    nRF52810-QFAA
    nRF52810-QCAA
    nRF52810-CAAA
    nRF52805-CAAA
    nRF52840-QIAA

2020.07.03CSIDE for PALMiCE3 ARM64 Ver.7.03.00 にバージョンアップ!

仕様追加/変更

  • Cortex-A72コアのデバッグに対応しました。

CPU追加

  • NXP Semiconductors製下記CPUのデバッグに対応しました。
    LS1046A

2020.06.30CodeRecorder E2 Ver.4.01.00 にバージョンアップ!
FreeRTOS対応

仕様追加/変更

  • FreeRTOSに対応しました。
  • GPIOアイソレーション・プローブ(CR2-PRB-ISO-KE52-FLY11)に対応しました。
  • ソース・ファイルの参照パス変換機能を追加しました。

2020.05.29C-Flash for FP Ver.1.78.00 にバージョンアップ!

CPU追加

  • STMicroelectronics製の下記CPUに対応しました。
    STM32H757ZI,STM32H757AI,STM32H757II,STM32H757BI,STM32H757XI
    STM32H747ZI,STM32H747AI,STM32H747II,STM32H747BI,STM32H747XI
    STM32H747AG,STM32H747IG,STM32H747BG,STM32H747XG
    STM32H755ZI,STM32H755II,STM32H755BI,STM32H755XI
    STM32H745ZI,STM32H745II,STM32H745BI,STM32H745XI
    STM32H745ZG,STM32H745IG,STM32H745BG,STM32H745XG
    STM32H753VI,STM32H753ZI,STM32H753AI,STM32H753II,STM32H753BI,STM32H753XI
    STM32H743VI,STM32H743ZI,STM32H743AI,STM32H743II,STM32H743BI,STM32H743XI
    STM32H743VG,STM32H743ZG,STM32H743AG,STM32H743IG,STM32H743BG,STM32H743XG
    STM32H742VI,STM32H742ZI,STM32H742AI,STM32H742II,STM32H742BI,STM32H742XI
    STM32H742VG,STM32H742ZG,STM32H742AG,STM32H742IG,STM32H742BG,STM32H742XG
    STM32H750VB,STM32H750IB,STM32H750XB
  • Silicon Laboratories製の下記CPUに対応しました。
    EFR32FG13P233F512GM48,EFR32FG13P232F512GM48,EFR32FG13P232F512GM32
    EFR32FG13P231F512GM48,EFR32FG13P231F512IM48,EFR32FG13P231F512GM32
    EFR32FG13P231F512IM32

2020.05.15CSIDE for PALMiCE3 RX Ver.7.04.00 にバージョンアップ!

CPU追加

  • 対応CPUに下記CPUを追加しました。
    RX72Nグループ R5F572NN / R5F572ND
    RX66Nグループ R5F566NN / R5F566ND

2020.05.15CSIDE for PALMiCE4 ARM Ver.7.03.00 にバージョンアップ!

仕様追加/変更

  • Cortexシリーズコアのとき、[初期値の設定]ダイアログの[ETM初期設定]タブでETM機能を有効にする設定がチェック無効の場合に、ETM関連レジスタにアクセスしないように仕様を変更しました。

CPU追加

  • STMicroelectronics製の下記CPUデバッグに対応しました。
    STM32F423CH,STM32F423RH,STM32F423MH,STM32F423VH,STM32F423ZH
    STM32F413CH,STM32F413RH,STM32F413MH,STM32F413VH,STM32F413ZH
    STM32F413CG,STM32F413RG,STM32F413MG,STM32F413VG,STM32F413ZG

2020.05.01CSIDE for PALMiCE3 ARM Ver.7.04.00 にバージョンアップ!

仕様追加/変更

  • 変数/スタック/レジスタなど、テキスト・ベースのウィンドウに表示されているスクロールバーの表示スタイルを変更できるように対応しました。
  • CSIDE IDEのビルド機能として、中間ファイルの削除(クリーン)機能を追加しました。
  • 複数のメイン・ウィンドウでデバッグを行うマルチCSIDE機能を使用するとき、エミュレータ・ステータス・バーからコアを選択した場合に、選択されたコアを管理しているCSIDEがアクティブとなり、コアが選択状態となるように変更しました。
  • Cortex-A/R/Mコアが実行中のとき、CPUブレーク・ポイントおよびソフトウェア・ブレーク・ポイントの命令実行前ブレークの設定操作を行えるように変更しました。
  • Cortexシリーズコアのとき、[初期値の設定]ダイアログの[ETM初期設定]タブでETM機能を有効にする設定がチェック無効の場合に、ETM関連レジスタにアクセスしないように仕様を変更しました。

CPU追加

  • Microchip Technology製の下記CPUデバッグに対応しました。
    ATSAMHA1E14A,ATSAMHA1E15A,ATSAMHA1E16A
    ATSAMHA0E14A,ATSAMHA0E15A,ATSAMHA0E16A
  • Silicon Laboratories製の下記CPUデバッグに対応しました。
    WGM160PX22KGA2,WGM160P022KGA2
    WGM160PX22KGN2,WGM160P022KGN2
  • STMicroelectronics製の下記CPUデバッグに対応しました。
    STM32F423CH,STM32F423RH,STM32F423MH,STM32F423VH,STM32F423ZH
    STM32F413CH,STM32F413RH,STM32F413MH,STM32F413VH,STM32F413ZH
    STM32F413CG,STM32F413RG,STM32F413MG,STM32F413VG,STM32F413ZG

2020.05.01CSIDE for PALMiCE3 ARM64 Ver.7.02.00 にバージョンアップ!

仕様追加/変更

  • [ターゲット・システムの設定][初期値の設定][JTAG]に[初期化時TDI信号設定(JTAG/IF)]を追加しました。リセット中のTDIの状態で動作モードを変更するようなCPUのために用意されています。この設定はJTAGモードのみ有効となります。
  • MMUウィンドウにて、48Bit4KPage方式の表示に対応しました。
  • 変数/スタック/レジスタなど、テキスト・ベースのウィンドウに表示されているスクロールバーの表示スタイルを変更できるように対応しました。
  • 複数のメイン・ウィンドウでデバッグを行うマルチCSIDE機能を使用するとき、エミュレータ・ステータス・バーからコアを選択した場合に、選択されたコアを管理しているCSIDEがアクティブとなり、コアが選択状態となるように変更しました。
  • Cortex-A/R/Mコアが実行中のとき、CPUブレーク・ポイントおよびソフトウェア・ブレーク・ポイントの命令実行前ブレークの設定操作を行えるように変更しました。
  • Cortexシリーズコアのとき、[初期値の設定]ダイアログの[ETM初期設定]タブでETM機能を有効にする設定がチェック無効の場合に、ETM関連レジスタにアクセスしないように仕様を変更しました。

2020.04.30C-Flash for FP Ver.1.77.00 にバージョンアップ!

仕様追加/変更

  • Silicon Laboratories製の下記CPUに対応しました。
    ZGM130S037HGN
    このCPUを使用するためには、オプション・ライブラリの「SL00-CPULIB/FP10」が必要となります。
    ZGM130S037HGN対応では、従来のフラッシュメモリの書き込み機能に加えて、Z-Waveで使用するためのQRコードへの対応も含まれています。

CPU追加

  • Silicon Laboratories製の下記CPUに対応しました。
    WGM160PX22KGA2,WGM160P022KGA2
    WGM160PX22KGN2,WGM160P022KGN2
  • Microchip Technology製の下記CPUに対応しました。
    ATSAMHA1E14A,ATSAMHA1E15A,ATSAMHA1E16A
    ATSAMHA0E14A,ATSAMHA0E15A,ATSAMHA0E16A

2020.04.15CSIDE for PALMiCE4 ARM Ver.7.02.00 にバージョンアップ!

仕様追加/変更

  • PALMiCE4(Model-T)で外部信号の波形表示に対応しました。外部信号の変化状態を波形表示できます。簡易ロジアナとしてご使用ください。
  • Cortex-M3/M4/M4Fシリーズで非アライメント領域に配置された変数のリアルタイム・モニタ(RTM)表示に対応しました。
  • RTMのチャネル登録時に、対象変数が構造体/共用体(union)/ビット・フィールド/クラス名の場合、メンバ変数をツリー表示するように対応しました。
  • RTMのログを[CSV形式]で出力時に、チャネル毎のデータを列ごとに出力するモードを新たに用意しました。
  • STMicroelectronics製開発ボードSTM32MP157C-EV1に搭載されているSPIフラッシュメモリへ書き込むためのユーザ・カスタマイズ・モニタを用意しました。
  • CSIDE IDEのビルド機能として、中間ファイルの削除(クリーン)機能を追加しました。
  • 変数/スタック/レジスタなど、テキスト・ベースのウィンドウに表示されているスクロールバーの表示スタイルを変更できるように対応しました。
  • PALMiCE4 Model-Tでオプション製品のMictor変換プローブ-20P-5V(ADP-P4-MIC38-20HP-5V)に対応しました。
  • マルチCSIDEのとき、エミュレータ・ステータス・バーからデバッグ対象コアを切り替えた場合に、コアを管理しているCSIDEのウィンドウがアクティブになり、コアが選択されるように変更しました。
  • Cortex-A/R/Mコアが実行中のとき、CPUブレーク・ポイントおよびソフトウェア・ブレーク・ポイントの命令実行前ブレークの設定操作を行えるように変更しました。

    <RTOSデバッグ・ライブラリ 「µITRON-DBGLIB-ARM/P4」※NORTi>
    <RTOSデバッグ・ライブラリ 「TOPPERS/ASP-DBGLIB-ARM/P4」>
    <RTOSデバッグ・ライブラリ 「TOPPERS/JSP-DBGLIB-ARM/P4」>
  • タスク・ディスパッチ時に、タスクIDをトレース・メモリに取り込めるようにしました。

CPU追加

  • Microchip Technology製の下記CPUに対応しました。
    ATSAMHA1E14A,ATSAMHA1E15A,ATSAMHA1E16A
    ATSAMHA0E14A,ATSAMHA0E15A,ATSAMHA0E16A
  • Silicon Laboratories製の下記CPUに対応しました。
    WGM160PX22KGA2,WGM160P022KGA2
    WGM160PX22KGN2,WGM160P022KGN2

2020.04.15CSIDE for PALMiCE4 ARM64 Ver.7.02.00 にバージョンアップ!

仕様追加/変更

  • PALMiCE4(Model-T)で外部信号の波形表示に対応しました。外部信号の変化状態を波形表示できます。簡易ロジアナとしてご使用ください。
  • RTMのチャネル登録時に、対象変数が構造体/共用体(union)/ビット・フィールド/クラス名の場合、メンバ変数をツリー表示するように対応しました。
  • RTMのログを[CSV形式]で出力時に、チャネル毎のデータを列ごとに出力するモードを新たに用意しました。
  • 変数/スタック/レジスタなど、テキスト・ベースのウィンドウに表示されているスクロールバーの表示スタイルを変更できるように対応しました。
  • PALMiCE4 Model-Tでオプション製品のMictor変換プローブ-20P-5V(ADP-P4-MIC38-20HP-5V)に対応しました。
  • マルチCSIDEのとき、エミュレータ・ステータス・バーからデバッグ対象コアを切り替えた場合に、コアを管理しているCSIDEのウィンドウがアクティブになり、コアが選択されるように変更しました。
  • Cortex-A/R/Mコアが実行中のとき、CPUブレーク・ポイントおよびソフトウェア・ブレーク・ポイントの命令実行前ブレークの設定操作を行えるように変更しました。

    <RTOSデバッグ・ライブラリ 「µITRON-DBGLIB-ARM/P4」※NORTi>
    <RTOSデバッグ・ライブラリ 「TOPPERS/ASP-DBGLIB-ARM/P4」>
    <RTOSデバッグ・ライブラリ 「TOPPERS/JSP-DBGLIB-ARM/P4」>
  • タスク・ディスパッチ時に、タスクIDをトレース・メモリに取り込めるようにしました。

2020.04.03CodeRecorder E2 Ver.4.00.00 にバージョンアップ!

仕様追加/変更

  • バージョン4として様々な機能追加と変更を行いました。
     ◆主な機能
     ・簡易ロジアナ機能
     ・テスト・コードのオーバーヘッド短縮モード
     ・変数チャートで浮動小数点サポート
     ・変数チャートで表示色とマーカの設定
     ・プロファイラの詳細表示のCSV保存機能
     ・プロファイラ(実行時間)に比率表示を追加
     ・レコード・パケット出力時間補正機能
     ・レコード・パケット出力フォルダ指定
     など

2020.03.27CSIDE for PALMiCE3 RX Ver.7.03.00 にバージョンアップ!

仕様追加/変更

  • <RTOSデバッグ・ライブラリ 「µITRON-DBGLIB-RX/P3」>
    µC3/Standard、µC3/Compactに対応しました。

2020.03.11CSIDE for PALMiCE3 ARM Ver.7.03.00 にバージョンアップ!

仕様追加/変更

  • ターゲット・インターフェースがJTAGの時、初期化時にTDI信号をLOW出力にするかオープン(ハイ・インピーダンス)にするかを選択できるようにしました。ターゲット・インターフェースがSWDの時は、この設定に関係なくオープンとなります。
  • STMicroelectronics製開発ボードSTM32MP157C-EV1に搭載されているSPIフラッシュメモリへ書き込むためのユーザ・カスタマイズ・モニタを用意しました。
  • コアがBreakCheckSuspendコマンド有効のとき、エミュレータ・ステータス・バーで"ICE-BCHKSUSP"と表示するように変更しました。

CPU追加

  • 東芝製の下記CPUデバッグに対応しました。
    TMPM475FDFG,TMPM475FZFG,TMPM475FYFG
  • Microchip Technology製の下記CPUに対応しました。
    ATSAMDA1E14A,ATSAMDA1E15A,ATSAMDA1E16A
    ATSAMDA1G14A,ATSAMDA1G15A,ATSAMDA1G16A
    ATSAMDA1J14A,ATSAMDA1J15A,ATSAMDA1J16A
    ATSAMHA1G14A,ATSAMHA1G15A.ATSAMHA1G16A
  • NXP Semiconductors製の下記CPUに対応しました。
    LPC804M101JDH20,LPC804M101JDH24,LPC804M111JDH24
    LPC804M101JHI33,LPC804UK
    LPC802M001JDH16,LPC802M001JDH20,LPC802M011JDH20
    LPC802M001JHI33,LPC802UK
    LPC51U68
  • Silicon Laboratories製の下記CPUに対応しました。
    EFM32TG11B520F128GM80-B,EFM32TG11B520F128GQ80-B,EFM32TG11B520F128IM80-B
    EFM32TG11B520F128IQ80-B,EFM32TG11B540F64GM80-B,EFM32TG11B540F64GQ80-B
    EFM32TG11B540F64IM80-B,EFM32TG11B540F64IQ80-B,EFM32TG11B520F128GM64-B
    EFM32TG11B520F128GQ64-B,EFM32TG11B520F128IM64-B,EFM32TG11B520F128IQ64-B
    EFM32TG11B540F64GM64-B,EFM32TG11B540F64GQ64-B,EFM32TG11B540F64IM64-B
    EFM32TG11B540F64IQ64-B,EFM32TG11B520F128GQ48-B,EFM32TG11B520F128IQ48-B
    EFM32TG11B540F64GQ48-B,EFM32TG11B540F64IQ48-B,EFM32TG11B520F128GM32-B
    EFM32TG11B520F128IM32-B,EFM32TG11B540F64GM32-B,EFM32TG11B540F64IM32-B
    EFM32TG11B320F128GM64-B,EFM32TG11B320F128GQ64-B,EFM32TG11B320F128IM64-B
    EFM32TG11B320F128IQ64-B,EFM32TG11B340F64GM64-B,EFM32TG11B340F64GQ64-B
    EFM32TG11B340F64IM64-B,EFM32TG11B340F64IQ64-B,EFM32TG11B320F128GQ48-B
    EFM32TG11B320F128IQ48-B,EFM32TG11B340F64GQ48-B,EFM32TG11B340F64IQ48-B
    EFM32TG11B120F128GM64-B,EFM32TG11B120F128GQ64-B,EFM32TG11B120F128IM64-B
    EFM32TG11B120F128IQ64-B,EFM32TG11B140F64GM64-B,EFM32TG11B140F64GQ64-B
    EFM32TG11B140F64IM64-B,EFM32TG11B140F64IQ64-B,EFM32TG11B120F128GQ48-B
    EFM32TG11B120F128IQ48-B,EFM32TG11B140F64GQ48-B,EFM32TG11B140F64IQ48-B
    EFM32TG11B120F128GM32-B,EFM32TG11B120F128IM32-B,EFM32TG11B140F64GM32-B
    EFM32TG11B140F64IM32-B

2020.03.06C-Flash for FP Ver.1.76.00 にバージョンアップ!

仕様追加/変更

  • EFR32BG13P532F512,EFR32BG13P632F512,EFR32BG13P732F512,EFR32BG13P733F512
    BGM13S32F512xx,BGM13P32F512xx,BGM13S22F512xx,BGM13P22F512xx
    EFR32FG14PxxxF128,EFR32FG14PxxxF256
    の各CPU選択時に、「メモリマップ変更機能」、「保存領域指定機能」に対応しました。

CPU追加

  • NXP Semiconductors製の下記CPUに対応しました。
    LPC804M101JDH20,LPC804M101JDH24,LPC804M111JDH24
    LPC804M101JHI33,LPC804UK
    LPC802M001JDH16,LPC802M001JDH20,LPC802M011JDH20
    LPC802M001JHI33,LPC802UK
    LPC51U68
  • Microchip Technology製の下記CPUに対応しました。
    ATSAMHA1G14A,ATSAMHA1G15A.ATSAMHA1G16A

2020.03.02CSIDE for PALMiCE4 ARM Ver.7.01.00 にバージョンアップ!

仕様追加/変更

  • PALMiCE4の大容量トレース・モデル「Model-T」に対応しました。
  • PALMiCE4 Model-Jでオプション製品のアイソレーション・アダプタに対応しました。

CPU追加

  • NXP Semiconductors製の下記CPUに対応しました。
    LPC804M101JDH20,LPC804M101JDH24,LPC804M111JDH24
    LPC804M101JHI33,LPC804UK
    LPC802M001JDH16,LPC802M001JDH20,LPC802M011JDH20
    LPC802M001JHI33,LPC802UK
    LPC51U68
  • Silicon Laboratories製の下記CPUに対応しました。
    EFM32TG11B520F128GM80-B,EFM32TG11B520F128GQ80-B,EFM32TG11B520F128IM80-B
    EFM32TG11B520F128IQ80-B,EFM32TG11B540F64GM80-B,EFM32TG11B540F64GQ80-B
    EFM32TG11B540F64IM80-B,EFM32TG11B540F64IQ80-B,EFM32TG11B520F128GM64-B
    EFM32TG11B520F128GQ64-B,EFM32TG11B520F128IM64-B,EFM32TG11B520F128IQ64-B
    EFM32TG11B540F64GM64-B,EFM32TG11B540F64GQ64-B,EFM32TG11B540F64IM64-B
    EFM32TG11B540F64IQ64-B,EFM32TG11B520F128GQ48-B,EFM32TG11B520F128IQ48-B
    EFM32TG11B540F64GQ48-B,EFM32TG11B540F64IQ48-B,EFM32TG11B520F128GM32-B
    EFM32TG11B520F128IM32-B,EFM32TG11B540F64GM32-B,EFM32TG11B540F64IM32-B
    EFM32TG11B320F128GM64-B,EFM32TG11B320F128GQ64-B,EFM32TG11B320F128IM64-B
    EFM32TG11B320F128IQ64-B,EFM32TG11B340F64GM64-B,EFM32TG11B340F64GQ64-B
    EFM32TG11B340F64IM64-B,EFM32TG11B340F64IQ64-B,EFM32TG11B320F128GQ48-B
    EFM32TG11B320F128IQ48-B,EFM32TG11B340F64GQ48-B,EFM32TG11B340F64IQ48-B
    EFM32TG11B120F128GM64-B,EFM32TG11B120F128GQ64-B,EFM32TG11B120F128IM64-B
    EFM32TG11B120F128IQ64-B,EFM32TG11B140F64GM64-B,EFM32TG11B140F64GQ64-B
    EFM32TG11B140F64IM64-B,EFM32TG11B140F64IQ64-B,EFM32TG11B120F128GQ48-B
    EFM32TG11B120F128IQ48-B,EFM32TG11B140F64GQ48-B,EFM32TG11B140F64IQ48-B
    EFM32TG11B120F128GM32-B,EFM32TG11B120F128IM32-B,EFM32TG11B140F64GM32-B
    EFM32TG11B140F64IM32-B
  • Microchip Technology製の下記CPUに対応しました。
    ATSAMDA1E14A,ATSAMDA1E15A,ATSAMDA1E16A
    ATSAMDA1G14A,ATSAMDA1G15A,ATSAMDA1G16A
    ATSAMDA1J14A,ATSAMDA1J15A,ATSAMDA1J16A
    ATSAMHA1G14A,ATSAMHA1G15A.ATSAMHA1G16A

2020.03.02CSIDE for PALMiCE4 ARM64 Ver.7.01.00 にバージョンアップ!

仕様追加/変更

  • PALMiCE4の大容量トレース・モデル「Model-T」に対応しました。
  • PALMiCE4 Model-Jでオプション製品のアイソレーション・アダプタに対応しました。

2020.01.24CSIDE for PALMiCE3 RX Ver.7.02.00 にバージョンアップ!

仕様追加/変更

  • RX651グループ R5F5651Cのデュアルバンクモードに対応しました。
  • RX65Nグループ R5F565NCのデュアルバンクモードに対応しました。

CPU追加

  • 対応CPUに下記CPUを追加しました。
    RX72Mグループ R5F572MN / R5F572MD

2020.01.16CSIDE for PALMiCE4 ARM Ver.7.00.02 にバージョンアップ!

仕様追加/変更

  • ターゲット・インターフェースがJTAGの時、初期化時にTDI信号をLOW出力にするかオープン(ハイ・インピーダンス)にするかを選択できるようにしました。ターゲット・インターフェースがSWDの時は、この設定に関係なくオープンとなります。

CPU追加

  • 東芝製の下記CPUデバッグに対応しました。
    TMPM475FDFG,TMPM475FZFG,TMPM475FYFG

2020.01.16CSIDE for PALMiCE4 ARM64 Ver.7.00.02 にバージョンアップ!

仕様追加/変更

  • ターゲット・インターフェースがJTAGの時、初期化時にTDI信号をLOW出力にするかオープン(ハイ・インピーダンス)にするかを選択できるようにしました。ターゲット・インターフェースがSWDの時は、この設定に関係なくオープンとなります。
過去のサポート・ニュース
2021 2020 2019 2018 2017 2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010 2009 2008 2007 2006 2005