過去の最新情報

2008.12.12ARM CoreSight™テクノロジー SWD・SWVに対応&お求めやすい価格を実現!
ARM Cortex-M3専用エミュレータ J-STICK(ジェイ・スティック)が新登場!!

従来のJTAG接続はもちろんのことARM CoreSight™テクノロジーのSWD・SWVにも対応、そして資産計上不要のお求めやすい価格を実現したARM Cortex-M3専用エミュレータ【J-STICK】(ジェイ・スティック)が新登場、販売を開始しました。

【J-STICK】は、ホストインターフェースにUSB 2.0(Full-Speed)、電源不要のVbus対応、さらなる小型・軽量化を図ることでシンプルな操作感とフットワークに優れたデバッグをサポートします。

【J-STICK】は各シリコンメーカさまの専用モデルを用意、リリース第1弾はSTマイクロエレクトロニクス社のSTM32ファミリをサポートした【J-STICK STM32】と東芝 セミコンダクター社のTX03シリーズをサポートした【J-STICK TX03】、第2弾としてルミナリィ社、アトメル社、NXP セミコンダクターズ社のARM Cortex-M3コアのマイコン対応製品として2009年1Qのリリースを予定しています。

ターゲット・システムとは20ピンのMILコネクタケーブルで接続。また、CoreSight?テクノロジーに対応し2本の信号線によるSWD(シリアル・ワイヤ・デバッグ)インターフェースにも接続可能です。さらに1本の信号によるSWV(シリアル・ワイヤ・ビュワー)にも対応。これにより実行中にレークすることなく変数の値やイベント情報の参照が可能なほか、プロファイル機能によりデバッグ効率が格段にアップします。

【J-STICKの特長】

  • 各シリコンメーカさまの専用モデルを用意することで各標準セット税抜価格 ¥98,000(1年間サポート費込み)を実現
    【J-STICK STM32】・・・STマイクロエレクトロニクス社のSTM32ファミリ対応
    【J-STICK TX03】・・・ 東芝 セミコンダクタ社のTX03シリーズ対応
  • ARM CoreSight™テクノロジー(SWD、SWV)をサポート
    • 新たなデバッグ・インターフェースである2本の信号による"SWD"インターフェースに対応
    • CPUからの1本の信号によるデバッグ情報インターフェース"SWV"に対応
      • Printfデバッグ機能
      • プロファイラ機能
      • CPUステータス表示機能
      • CPUサンプリング機能
  • JTAGチェーン・デバイスにも対応
  • CPUブレーク・ソフトウェアブレーク機能
  • CPU内蔵/外部フラッシュメモリへの書込みとデバッグ機能をサポート
  • RTOSデバッグ対応(オプション)
  • 低電圧対応(1.1V~3.45V 自動追従)と電圧測定機能
  • 更なる小型・軽量化を実現
    • 102mm(W)×49mm(D)×22mm(H) / 約50g

2008.12.12ザイリンクス社製FPGA デバッグシステムがさらに進化!
FPGA+CPUエミュレータ「F-Sight 2VP-PPC」で新たにVirtex-5 FXTファミリを追加サポート!!

ザイリンクス社製FPGA専用実機デバッグツールとしてHDLソース・ファイルを再合成することなく波形観測を実現したFPGA+CPUエミュレータ「F-Sight 2VP-PPC」で、新たにハードコアプロセッサPowerPC440を搭載したVirtex-5 FXTファミリを追加サポート、あわせてISE/EDK10.1i SP3に対応、販売を開始しました。

F-Sight 2VP-PPCは、FPGAのコンフィギュレーションはもちろんのことPowerPC405/440のCPUエミュレーションとFPGA内部ユーザ・ロジックの波形観測による実機デバッグまで、F-Sight 2VP-PPC 1台でソフト/ハードのトータル・デバッグを可能とし、さらにはFPGAハードウェア・デバッグとPowerPC405/440のソフトウェア・デバッグの連動した協調デバッグを実現。

【 特  長 】

  • Virtex-II Pro/Virtex-4 FX 内蔵のPowerPC405と、Virtex-5 FXT に内蔵されるPowerPC440のCPUデバッグに対応
  • ロジアナ不要のアナライザ機能
  • 再合成不要のプロービング機能
  • 専用コネクタとの接続で、CPUエミュレーション、FPGAコンフィギュレーション、ロジックアナライザ機能を全てサポート
  • CPU動作(ソフトウェア)とロジック(ハードウェア)の連動した協調デバッグが可能
  • コンピューテックス製品共通のオペレーション操作性抜群のデバッガソフトCSIDE搭載

【 対応デバイス 】

対応デバイス・ファミリ 対応デバイス名
Virtex-II Pro
(2VP2、Virtex-II ProXは除く)
XC2VP4 / XC2VP7 / XC2VP20 / XC2VP30
XC2VP40 / XC2VP50 / XC2VP70 / XC2VP100
Virtex-4 FX XC4VFX12 / XC4VFX20 / XC4VFX40
XC4VFX60 / XC4VFX100 / XC4VFX140
Virtex-5 FXT XC5VFX30T / XC5VFX70T / XC5VFX100T
XC5VFX130T / XC5VFX200T

2008.12.12HIREC社製 HR5000対応JTAGエミュレータ PALMiCE3 HR5000 新登場!!

累計販売台数6,000台を突破したPALMiCEシリーズのコンセプトを継承して、高速化による快適なデバッグオペレーションとさらなるコンパクト化、電源レスによってスペースファクタの向上を実現した新製品【PALMiCE3 HR5000】の販売を開始しました。

【PALMiCE3 HR5000】は、HIREC社製 HR5000対応JTAGエミュレータです。ホストインターフェースにUSB 2.0(Hi-Speed)、電源不要のVbus対応を継承し、さらなる小型・軽量化を実現、フットワークに優れたデバッグをサポートします。ターゲット・システムとは14ピンのMILコネクタケーブルで接続、対応CコンパイラはGNU Cをサポート、T-Kernel搭載アプリケーションのデバッグもサポートしています。

【 PALMiCE3 HR5000 の主な特長 】

  • レジスタ、メモリ、I/Oの参照、変更
  • アドレス・ブレーク4点、データ・ブレーク2点、ソフトウェアブレーク256点
  • 外部フラッシュメモリへの書込みとデバッグ機能をサポート
  • RTOSデバッグ対応(オプション)
  • 低電圧対応(1.8V~3.6V 自動追従)

2008.12.12PALMiCE3 SuperHでSH7721/SH7262/SH7264を新規追加対応!

ルネサス テクノロジ社製SuperH RISC engineファミリのSH-2/SH-3/SH3-DSP/SH-4/SH-2A/SH-4Aを1台でサポートする超汎用JTAGエミュレータ【PALMiCE3 SuperH】でSH7721/SH7262/SH7264を新規追加対応、販売を開始しました。

PALMiCE3を既にご購入いただき、ユーザ・サポート制度に加入済みの方は、CSIDEアップデート・ウィザードを使用してダウンロードを行っていただくことですぐにご使用になれます。(CSIDEアップデート費用は無償サポート期間中およびユーザ・サポート制度に加入済みの方は無料です)

過去のニュース
2020 2019 2018 2017 2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010 2009 2008 2007 2006 2005 2004 2003 2002 2001 2000 1999 1998 1997