過去の最新情報

2008.06.30PALMiCE3 SuperHシリーズでC0カバレッジを実現!

ルネサス テクノロジ社製SuperH RISC engineファミリをサポートする最新JTAGエミュレータのPALMiCE3 SuperHシリーズで、AUDトレースを基にC0カバレッジを実現したAUDカバレッジ・デバッグ・ライブラリ《AUDCOV-DBGLIB-SH/P3》のオプション販売を開始しました。

カバレッジ機能

  • コード・ウィンドウ上でのカバレッジ表示
  • 関数単位の網羅率を表示するモジュール・カバレッジ表示
  • 指定したエリアの実行領域を表示するエリア・カバレッジ表示

CSIDE for PALMiCE3 SuperHにAUDカバレッジ・デバッグ・ライブラリ《AUDCOV-DBGLIB-SH/P3》をオプション追加することで、上記カバレッジ表示が可能になりました。

対応製品 : PALMiCE3-SuperH(AUD360)
対応CPUコア : SH-2A・SH-4A

2008.06.30PALMiCE2H ARMシリーズでCortex-A8コアCPUを新たにサポート!

リプレイデバッグ、バグ自動検出を実現した先進のJTAGエミュレータ PALMiCE2H ARMシリーズでARM Cortex-A8コアCPUを新たにサポート、第一弾としてTI社製OMAP3430、OMAP3503を対応、各CPUライブラリのオプション販売を開始しました。

製品コード 製 品 名
CD04M OMAP3430-CPULIB-ARM/P2H CPUライブラリ
CD04N OMAP35x-CPULIB-ARM/P2H CPUライブラリ

2008.06.30PALMiCE3 H8Sシリーズでアンドゥ・トレース機能を追加対応!

ルネサス テクノロジ社製H8Sファミリ、H8SXファミリをサポートする最新JTAGエミュレータのPALMiCE3 H8Sシリーズで、実行した命令をさかのぼって実行前の状態に擬似的に戻す【アンドゥ・トレース機能】を追加対応しました。

行き過ぎたトレース実行を元に戻すアンドゥ・トレース機能

トレース実行(シングルステップ実行)で行き過ぎてしまった場合に、変化したレジスタやメモリの値を擬似的に戻すことで実行結果を元に戻します。さらには分岐前の状態確認や値を変更しての再実行など、ちょっとした再確認が簡単に行えます。

2008.06.30PALMiCE FPGA販売終了のお知らせ

平素より当社製品をご愛顧賜り、誠にありがとうございます。

さて発売以来、多くのお客さまにご愛顧いただきましたFPGA実機デバッグツール「PALMiCE FPGA」ですが、近年の需要減少および部材調達の関係上安定供給が困難となり、誠に勝手ではございますが、2008年7月末をもちまして販売を終了させていただくこととなりました。発売以来のご愛顧、誠にありがとうございました。

■今後のサポート体制

現在、年間サポート加入中のユーザさまへは、2009年7月末日をもってサポートを終了とさせていただきます。また保守パーツの供給およびハードウェアの故障修理につきましては2011年7月末日まで対応させていただきます。

以上、ご不明点などございましたら、ご遠慮なくお問合わせくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

過去のニュース
2020 2019 2018 2017 2016 2015 2014 2013 2012 2011 2010 2009 2008 2007 2006 2005 2004 2003 2002 2001 2000 1999 1998 1997