過去の最新情報

2001.01.11次世代ICE NEXTiCE 発売開始

2000年12月よりNEXTiCEを新発売いたしました。

2001.01.11日立製最新コンパイラ対応

日立製コンパイラSuperHシリーズ用SHC Ver6.、H8シリーズ用H8C Ver.4を下記のCSIDEで対応いたしました。

その他のCSIDEに関しても順次対応していきます。


日立製 SH CコンパイラVer.6対応

  • CSIDE for ROMICE64 SuperH Ver.3.00以上
  • CSIDE for ROMICE64 SH2H  Ver.3.00以上
  • CSIDE for ROMICE64 SH7622 Ver.3.00以上
  • CSIDE for ROMICE64 SH3   Ver.3.00以上
  • CSIDE for ROMICE64 SH3H  Ver.3.00以上
  • CSIDE for ROMICE64 SH4   Ver.3.00以上
  • CSIDE SH7751-H        Ver.3.00以上
  • CSIDE SH7750-H        Ver.3.00以上
  • CSIDE SH7729-H        Ver.3.00以上
  • CSIDE SH7615-H        Ver.3.00以上
  • CSIDE SH7622-H        Ver.3.00以上

日立製 H8 CコンパイラVer.4対応

  • CSIDE for Mr.ICE H8/300H   Ver.3.00以上
  • CSIDE for Mr.ICE H8/3067   Ver.3.00以上
  • CSIDE for Mr.ICE H8S      Ver.3.00以上
  • CSIDE for Mr.ICE H8S/2100  Ver.3.00以上
  • CSIDE for Mr.ICE H8S/2200  Ver.3.00以上
  • CSIDE for Mr.ICE H8S/2338  Ver.3.00以上
  • CSIDE for Mr.ICE H8S/2678  Ver.3.00以上

2001.01.11「CASEツール・コマンド・コンバータ(ZIPC2000対応)」発売開始

CASEツール・コマンド・コンバータは、CASEツールとCSIDEを組み合わせて使用することを可能にするためのソフトウェアです。

CASEツール・コマンド・コンバータを使用することで、キャッツ株式会社製CASEツールZIPC2000と下記CSIDEを組み合わせ、ZIPC2000に付属のZIPCエミュレータでターゲットの実行制御を行うことが可能になります。


【対応製品】

  • CSIDE for ROMICE64 SH4     Ver.3.00以上
  • CSIDE for ROMICE64 SH3H    Ver.3.00以上
  • CSIDE SH7750-H          Ver.3.00以上
  • CSIDE SH7729-H          Ver.3.00以上

2001.01.11「日立製H8S/2339対応 H-UDIデバッガ」新発売

日立製SuperHシリーズで好評発売中のH-UDIデバッガに新しくH8S/2339対応のH-UDIデバッガを新発売いたしました。

H-UDIデバッガは、ターゲットCPUのH-UDI I/Fを通じ、CPU内蔵のオンチップ・デバッグ機能を活用したデバッガです。

H-UDI専用のH-UDIプローブ(H010)はホスト・パソコンのプリンタ・ポートに接続して使用します。

接続が簡単で、低価格、ユーザ・プログラムに制約事項が一切無いことがH-UDIデバッガの特長です。

2001.01.11「株式会社グレープシステム Nucleus µiPLUS/ARM」対応

株式会社グレープシステム、Nucleus µiPLUSを下記製品で対応いたしました。

これによりNucleus µiPLUSのステータス表示がサポートされます。

RTOSの機能を有効にするにはオプション・ソフトの「RTOSデバッグ・ライブラリ」が必要です。


ROMICE64

  • CSIDE95 for ROMICE64 ARM  Ver.2.56以上
  • CSIDE95 ARM7TDMI-J      Ver.2.52以上