-20℃~+70℃対応 産業用機器組込み用にも最適 CKB-RZ/A1H 多彩なインターフェース:有線LAN USBホスト(x2) microSD UART LCD LED GPIO SPI I2C ADC バス拡張コネクタ カメラ CM-J100専用コネクタ
関連資料はこちらへ

CKB-RZ/A1Hは、"ルネサス エレクトロニクス製 RZ/A1H (ARM Cortex-A9コア・マイコン)"を搭載した組込みボードです。
周辺I/OにはUSBホスト、microSD、有線LAN、無線LAN(オプション)の他、カメラ I/F、LCDコネクタなど多彩なインターフェースを備えております。

さらに、当社製JTAGデバッガ「PALMiCE4」と組合わせて使うことで「使いやすく」「わかりやすい」開発環境を提供しております。

主な特長

  • ルネサス エレクトロニクス製 RZ/A1H (ARM Cortex-A9コア、CPUクロック 384MHz)を搭載 ※1
  • 大容量メモリを搭載
    SPI Serial FLASH - 16MB
    SDRAM - 32MB, 16bitバス
    内蔵RAM - 10MB
  • 90.0mm×73.0mmの小型サイズ
  • 温度範囲 -20℃~+70℃対応で産業用にも万全
  • Ethernet インターフェース標準搭載(100Base/TX)
  • USBホスト インターフェース標準搭載 High-Speed × 2ch
  • microSD インターフェース標準搭載
  • UART インターフェース標準搭載
  • カメラ インターフェース標準搭載
  • LCD インターフェース標準搭載
  • 当社製無線LANモジュールCM-J100専用 インターフェース標準搭載
  • 各種資料付属
    ハードウェア・マニュアル/回路図/部品表
  • オプション
    タッチパネル付きLCDボード
    無線LANモジュール
  • 拡張アダプタの参考回路図を用意

 

Linux構成図

組込みボードの開発に最適なソリューション

ボードには、OSレスで動作するUART、タイマ、GPIOを使ったサンプル及び、パソコンからシリアル通信でSPIフラッシュに書き込むためのソフトウェアが付属します。

また、無償でダウンロード可能なLinux SDKにLinux開発で必要な付属品をまとめたLinux開発キットを用意しています。


Linuxの付属ドライバ

  • SPIフラッシュメモリ
  • UART
  • タイマ
  • ETHER(LAN)
  • USBホスト*USBマスストレージのみ対応
  • microSD
  • 無線LANアダプタ CM-J100(SDIO)
  • LCD
  • GPIO
  • SPI
  • EEPROM(I2C)
  • ADC
  • 8ビットバス

ブロック図

CKB-RZ/A1H ブロック図

オプション

Linuxオプション(OPT-CKB-L2.1)

  • CKB Linux SDK V2.01.01 CD-ROM(最新版のSDKは無償でダウンロードも可能です)
    buildroot用パッチ
    u-boot
    linuxカーネル
    uClibc
    busybox
    gccクロスコンパイラ
  • USBシリアルコンバータ
  • USBケーブル
  • LANケーブル
  • microSDカード
  • ACアダプタ

無線LANモジュール・オプション(CM-J100)

  • CM-J100本体
  • 取り付けネジ一式

タッチパネル付きLCDボード・オプション(CKB-LCD-02)

  • LCDボード本体
  • フレキケーブル
  • CD-ROM(PDF文書:ハードウェアマニュアル、回路図、部品表)

関連資料

ハードウェア・オプション

資料名
CKB-LCD-02 ハードウェア・マニュアル

RZ組み込み開発ソリューション

資料名
RZ組込み開発ソリューション

動画説明

RZ開発ソリューションのご紹介