FP-10

フラッシュ・プログラマ FP-10

ARM Cortex-Mシリーズ オンボード・フラッシュ・プログラマ FP-10


ワンプッシュで書ける! 誰にでも使える簡単操作! 製造現場に最適!

主な特長

  • 製造現場での使い勝手を徹底追求して開発された超簡単操作のフラッシュ・プログラマ
  • 各社Cortex-Mシリーズ・コアCPU内蔵フラッシュメモリの書込みをサポート
  • ボードとはJTAGまたはSWDインターフェースコネクタ接続
  • 新CPUへは定期的バージョンアップで対応
  • 書込み後の内蔵フラッシュメモリのプロテクト/セキュリティ処理も可能
  • FLASH容量: 512KBを僅か数秒からの超高速書込みサポート *1
  • 5万円のお手頃価格
  • 誰にでも分り易いライタ
  • 1ボタン操作で実行、2色LED(OK/NG)とブザー音での結果報告
LED表示

*1:内蔵フラッシュメモリの性能によって、書き込み時間は変化します。

詳細については当社営業部までお問い合わせください。


*:C-Flash for FP Ver.1.13.00以降よりライセンス・システムが移行されました。

移行後にご購入のFP-10は、C-Flash for FP Ver.1.13.00未満ではご使用いただけません。


システム移行内容についてはこちらをご覧ください。PDF

ワンプッシュ書き込み手順

準備も簡単!

書込み対象のCPU設定や書込み用データの登録、書込み後のプロテクト設定など、製造ラインで使用するための準備はパソコンに接続して付属ソフト(C-Flash)で行います。 設定は以下の簡単な手順で可能です。

◆準備はたったこれだけ!
① FP-10をパソコンのUSBコネクタに接続して、付属ソフト(C-Flash)を起動します。
② 初期設定画面で、対象のCPU名、メーカ名を設定した後、書込み用ファイルをFP-10に保存します。

準備も簡単!!

フラッシュ・メモリへパソコン不要でワンプッシュ書込みできる!

FP-10をパソコンからはずし、製造現場に持って行き、あとはPROGRAMボタンを押すだけでワンプッシュ書込みOK!

フラッシュ・メモリへパソコン不要でワンプッシュ書込みできる!

こんな使い方も可能

パソコンからはずさなくても接続したままでターゲットに書くこともできる!

FP-10 本体のフラッシュメモリへの書込みと同時にターゲット・ボード上のCPU 内蔵フラッシュメモリにも書くことができます。 準備と同時にターゲット・ボードにも書き込むことができるので、準備したファイルが正しいかどうかの確認にもお使いいただけます。

パソコンからはずさなくても接続したままでターゲットに書くこともできる!

拡張使用(自動検査システムに組込んでの使用)

お客様がMicrosoft Visual BasicやMicrosoft Visual C++等で作成した検査システムにFP-10を組み込んでの使用が可能なインターフェース(TCPソケット通信)を用意しています。 生産ラインの作業効率向上アップのツールとしてのご利用も可能です。

拡張使用(自動検査システムに組込んでの使用)

主な仕様

基本仕様

ターゲットボードI/F コネクタ、I/F仕様 20ピンMILコネクタ、JTAG/SWD
電圧、消費電流 電圧は1.65V~5.5Vに対応、電流は50µA以下
Programボタン ボタン一押しでプログラミング(書き込み)を実行
POWER LED FP-10に電源供給ありで緑色点灯
STS LED (2色LED) ・プログラミング中:緑色点滅
・正常終了:緑色点灯
・書き込みエラー:赤色点灯
・設定エラー:橙色点灯
ブザー フラッシュメモリ操作時の成功/失敗を音でお知らせ
(付属ソフトで音のパターンの変更が可能)
一般仕様 外形寸法 102mm(W)×49mm(D)×22mm(H)
電源、消費電 DC5V約250mA
付属のACアダプタより受給(USBコネクタに接続して使用)
使用環境 動作温度:0℃~40℃、動作湿度:30~85%RH(但し結露なし)
製品構成 FP-10本体、専用ACアダプタ、パソコン接続用USBケーブル、
パソコンで使用する専用ソフト(C-Flash)入りCD

対応CPU

各メーカのCortex-M0/M0+/M3/M4をサポート

  • Atmel製 (SAM3 ファミリ)
  • Freescale Semiconductor製 (Kinetis)
  • NXP Semiconductors製 (LPC1000/LPC4300 ファミリ)
  • Spansion製 (FM3ファミリ)
  • STMicroelectronics製 (STM32 ファミリ)
  • Texas Instruments製 (Stellaris®ファミリ)
  • 東芝セミコンダクター&ストレージ社製 (TX00/TX03 シリーズ)


CPU個別の対応については、「サポートCPU検索」より検索していただくか、当社営業までお問い合わせください


*対応CPUは、お客様のご要望によりカスタム対応が可能です。

詳細については当社営業部までお問い合わせください。

付属専用ソフト (C-Flash) の仕様

フラッシュ
メモリ操作
SUM値算 SUM値の算出機能をサポート
プロテクト/
セキュリティ機能
プロテクト解除しての書き込み、書き込み後のプロテクト処理、
またはセキュリティを解除(フラッシュメモリ内容は消去される)して書き込み、
書き込み終了後、セキュリティ設定などをサポート
扱えるファイル形式 バイナリ、モトローラS、インテル・ヘキサ、ELF/DWARF2
接続仕様 USBケーブルで接続(USB2.0仕様)
動作環境 ホストパソコン USB2.0 I/FとCDドライブ付(インストール用)で対応OSが動く仕様
OS Windows Vista 32bit版/ 7 32bit版、64bit版/ 8 32bit版、64bit版
ユーザ・
サポート
アップデート 当社ホームページに公開のライセンス・ツール2により、
C-Flashを無償で最新版(機能追加、機能アップ)にアップデートできます
*CPUを追加される場合は別途ライセンス(オプション)が必要となります
問い合わせ FP-10の使い方や技術的質問はメールにて無償で対応致します

外部NORフラッシュ対応

外部NORフラッシュ・プログラマ FP-20

FP-20は、ターゲット・ボードに実装されたNORフラッシュメモリ専用のオンボードプログラマです。

ターゲットに実装されたH8SX/1651のH-UDI インターフェース経由で書き込みをサポートします。


* FP-20は、カスタム対応専用品です。

* 対応CPUは、お客様のご要望によりカスタム対応が可能です。

詳細については当社営業部までお問い合わせください。

関連資料

ドキュメント

Amazon.co.jpで購入する Amazon.co.jp にてFP-10をカード決済でもご購入いただけます。

PDF
PDF形式のデータをご覧になるには、 Adobe Reader®が必要です。 Adobe Reader®は、Adobe Systems Incorporatedの商標または登録商標です。
Adobe Readerのダウンロード・サイト