本格的組込みボード CKBシリーズ

小型! 低価格! Linux開発環境充実!


本格的組込みボードCKBシリーズは、小型で低価格な手軽に産業機器向けにお使い頂ける組込みボードです。CKBシリーズに搭載される各CPUの内蔵機能に加えて外部バス(8ビットメモリ・バス)とGPIOの拡張バスを用意します。同時 発売のLinux開発キットには、CKBシリーズ用ACアダプタ、各種ケーブル類、及び組込みLinuxの搭載に必要なカーネル、ドライバ、コンパイラ一式 が含まれています。
さらに、Linuxアプリケーションのデバッグに威力を発揮する、当社製アプリケーション・デバッガC-Sharkの評価版も含まれていますので、簡単にアプリ開発を始めることができます。
なお、開発キットは、Linux版に引続きµITRON版も用意する予定です。

CKBシリーズ・ラインアップ

すぐに使えるオプション製品もご用意

タッチパネル付きLCD

タッチパネル付きLCD対応

  • 7インチWVGAタッチパネル液晶

無線LANモジュール対応(CM-J100)

無線LANモジュール対応(CM-J100)

  • チップアンテナ搭載済み
  • 電波法認証(技術基準適合証明) 取得済み
  • SDIOインターフェース接続で 最高30Mbpsのデータ転送可能
  • 32mm×22mmの小型モジュール

CKBシリーズを使ってスムーズに開発したい方へ

Linuxアプリケーションの開発を行いたい場合

  • C-Shark ARM : ARMアーキテクチャ(ARMv4T~ARMv7)のCPU対応 Linuxアプリケーション・デバッガ

カーネルからアプリケーションまでの開発を行いたい場合

  • PALMiCE3 ARM : ARMコアCPU対応 JTAGエミュレータ
  • PALMiCE2H ARM : ARMコアCPU対応 大容量トレースメモリ搭載 JTAGエミュレータ