CGW-3000

CGW-3000

CGW-3000

は、RS-232CやRS-485 I/Fで、既存の製品を簡単にIoT化するのに最適なLinuxゲートウェイ製品です。

主な特長

CGW-3000

  • 3G回線(docomo網)でデータをクラウドにアップ
  • RS-485・RS-232C・LANインターフェースを搭載
  • 動作温度範囲は-25℃~+60℃に対応
  • クラウドへの通信に役立つ各種言語をサポート(Perl・Python・PHP・Ruby・Java)
  • Cコンパイラ内蔵で組込みエンジニアもプログラミングし易い開発環境
  • 用途に合わせて複数のアンテナを用意
  • クラウド上の管理システムでCGWをメンテナンス可能
  • 瞬停監視機能、電源バックアップ機能を搭載

CGW-3000

状況をIoTクラウドに集め、ビッグデータとして活用できます。

状況をIoTクラウドに集め、ビッグデータとして活用できます

CGW-3000を使った応用製品

「こんなのあったらいいな・・・」をIoTソリューションで応援する為に、CGW-3000を使った「温湿度監視システム OnDoll(オンドール)」をご提供しています。

医薬品の品質管理のため厳格な温湿度管理が必要とされます。
温湿度監視を自動化し、保管環境を逸脱した場合ブザーやメールでお知らせします。
インターネットにつながったパソコンやモバイル端末があればどこからでも温湿度状態の確認ができます。

関連資料

CGW-3000



PDF
PDF形式のデータをご覧になるには、 Adobe Reader®が必要です。 Adobe Reader®は、Adobe Systems Incorporatedの商標または登録商標です。
Adobe Readerのダウンロード・サイト