過去の最新情報

2011.10.14DEVKITシリーズにシャープ製7インチLCD付グラフィック表示モジュール(LR0G949)用のLinux開発キットを追加サポート!

DEVKITシリーズにシャープ製7インチLCD付グラフィック表示モジュール(LR0G949)の組込みLinux用開発キットを新たに対応し、販売を開始しました。DEVKITシリーズは開発に必要な製品をまとめたもので、開発をスムーズに開始することができます。

■LR0G949用Linux開発キット(DEVKIT-LR0G949-LNX)

<特長>

  • シャープ製LCD付グラフィック表示モジュール(LR0G949-1)を同梱
  • LR0G949ボードにポーティングされたLinux SDKを搭載
    (コンパイラ、カーネル、各種ドライバ、サンプルアプリケーションが付属)
  • 全てのソースファイルが付属
  • 組込Linuxのデバッグに必要なJTAG-ICE(PALMiCE3-ARM)の本体とオプションが付属
  • コンパイル方法や組み込み手順、デバッグ方法を記載したマニュアルが付属

<製品内容>

  • PALMiCE3-ARM(JTAG200)+Linuxデバッグ・ライブラリ(Linux-APDLIB-ARM/P3)
  • シャープ製 LR0G949-1(7インチLCDモジュール)
  • LR0G949 Linux SDK

2011.10.14DEVKITシリーズにTexas Instruments製 AM3517を追加サポート!

DEVKITシリーズにTexas Instruments製 AM3517を新たに対応し、販売を開始しました。DEVKITシリーズは開発に必要な製品をまとめたもので、開発をスムーズに開始することができます。

■AM3517用開発キット DEVKIT2 MI1-NAC/LG1-AM35 P3-ARM

<特長>

  • µITRONを使用した開発に最適な環境を提供
  • µITRONでのTCP/IP通信が可能
  • CSIDEによりコンパイラ、RTOS、ICEを統合
  • µITRON ADEでアプリケーション開発を加速

<製品内容>

  • NORTi ProfessionalII(ARM/CCS)
  • PALMiCE3-ARM(JTAG200)
  • ADE NORTi-ARM-CCS
  • Zoom AM3517 Experimenter Kit
    ※コンパイラはCCSに対応しています。

2011.10.04ミドルウェア不要で無線LAN、USBメモリなどの機能を追加できる"MiddleLink(ミドルリンク)"ついに発売開始!

お客様の製品にアドオンするだけで無線LAN、USBメモリ、SDカードなどの機能を追加できるインテリジェント・ボードMiddleLink(ミドルリンク)の販売を開始しました。MiddleLinkを使用すればミドルウェアやドライバが不要で短期間に低コストで同等の機能を実装できます。

特に小ロットでの製品開発では必要なミドルウェアを買い揃えると初期費用の占める割り合いが大きくなりすぎ、採算が合わなくなることがあります。このため、仕様の削減や開発工数の短縮が求されたり、製品自体の開発が中止になることもあります。この点、MiddleLinkはハードウェアで機能を実現していますので、一台から購入することもでき、多品種少量開発にはまさにうってつけの製品です。

■特長

  • 接続は簡単なメモリ・バス・インターフェースなのでドライバが不要
  • どんなCPUでもすぐに無線LAN通信やUSBメモリを動作させることが可能
  • RTOSの機能を使用していないためOSレスでの動作が可能
  • POSIX、ANSI C準拠の関数で呼び出せるのでプログラムも簡単
  • 高速通信を実現
  • 無線LAN通信時のメモリの占有は最小構成で3KB
  • 不揮発性200MBのNANDファイル・システムを内蔵
  • 用途に合わせて無線LAN、USBメモリ、SDカード、有線LANを用意

■MiddleLink開発キット

MiddleLinkでの開発をスムーズに行うために、開発に必要なツールをパッケージにした製品を用意しています。MiddleLink、ICE、評価ボード、コンパイラがセットになっていますので、 すぐにサンプル・プログラムを評価ボードにダウンロードし、ICEで実際の動作を確認することができます。

<製品内容>

  • MiddleLink本体(無線LAN、USBメモリタイプ)
  • PALMiCE3(ARM、SH、RXのいずれかの機種)
  • EVABOD (SH7216、RX62N、AM3505(Cortex-A8)、M362(Cortex-M3)のいずれか)
  • コンパイラ(ルネサスSHC、RXC、ARMR Compiler for Computexのいずれか)

■次のような方にお勧めします。

  • 無線LANを実装してみたい方
  • 有線LANを無線化してみたい方
  • USBメモリやファイル・システムを使う予定のある方
  • 1台から小ロットの製品で開発費を抑えたい方
  • ミドルウェアやドライバのポーティングに不安のある方
  • 無線LANを実装しようとしてハードルが高くて断念した方